YouTubeで使うカメラはどうやって選べば良い?カメラの種類・選び方まとめ

  • カメラってどんな違いがあるんだろう?
  • なるべく安く済ましたいんだけど、どのカメラがおすすめ?
  • カメラ選びで失敗するのを防ぎたい

YouTubeに動画を投稿する時に欠かせない機材の1つがカメラです。

ですが、カメラにはたくさんの種類があり、なんとなく難しそうだと思っている方も多いのではないでしょうか。

性能を聞かされても良く分からないし、レンズの違いもさっぱり・・・

今回はカメラにはどんな物があり、どうやって選べば良いのかをまとめました。

この記事を読めば「あなたが購入すべきカメラの種類」が分かります。

目次

YouTubeで使われるカメラの種類

YouTubeでの動画撮影では、作る動画・状況によって様々なカメラが使用されます。まずはどんなカメラがあるのかを抑えておきましょう。

ここでは多くの方が使われているカメラからマニアックなカメラまで、計6種類のカメラを紹介します。

スマホカメラ

より手軽に撮影がしたい、そんな方はお手持ちのスマートフォンを使ってみましょう。近年のスマートフォンはカメラの性能がどんどん進化しており、動画もきれいに取れるようになっています。

また、簡単な動画ならそのままアプリで編集してYouTubeにアップロードできる点も魅力です。スマートフォン1台あればYouTubeを始めることができるので、とりあえず何か投稿してみたいという方にも向いています。

トークをする動画を作ってみたいという方はスマートフォンのカメラから始めてみましょう。

反面、より画質の良い動画をとりたい場合には別のカメラを検討する必要があります。

風景を映した動画やVlogなど、映像そのものの質が要求される動画には一眼レフカメラやミラーレスカメラが向いているでしょう。

デジタル一眼レフカメラ

高画質なカメラと聞いてまず思い浮かべるのがデジタル一眼レフカメラではないでしょうか。

デジタル一眼レフカメラは高クオリティな動画が撮影できるだけでなく、背景をボカしたり室内や夜など明かりが不十分な環境でもきれいに撮影することが可能です。

状況に合わせて広角レンズやマクロレンズを使用することで、動画の表現に幅を付けることも。デジタル一眼レフカメラは動画の撮影にこだわりたい方におすすめなカメラとなっています。

デメリットは小回りが利かない点です。

デジタル一眼レフカメラは重量が1キロ前後と重く、サイズも大きいです。持ち運びには多少なりとも苦労することになるでしょう。

また、長時間の撮影に向いていない点もデメリットです。30分を超えるような動画を撮影したい場合には別のカメラを検討する必要があります。

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラはデジタル一眼レフカメラに比べて小回りの利く、初心者向けのカメラです。

ミラーレスという名前の通り、光をファインダーまで導く役割のミラーが存在せず、よりシンプルな構造になっています。

そのためデジタル一眼レフカメラに比べ小型で軽量であり、小回りが利くようになっています。

高クオリティな動画をとりたいけどデジタル一眼レフは重たくて大変そうだな、という方にはミラーレス一眼カメラがおすすめです。

ミラーレス一眼カメラはデジタル一眼レフカメラに比べ画質が劣っている印象がある方もいるでしょう。しかし、近年のミラーレス一眼カメラは進化しておりYouTubeでの使用なら困ることは少なくなっています。

コンパクトデジタルカメラ

カメラにコンパクトさを求める方にはコンパクトデジタルカメラ、通称コンデジがおすすめです。

コンデジはレンズを交換する必要が無いので専門知識が無くても扱いやすいのがメリットです。

ポケットにも収まるくらいコンパクトな上、取り出してすぐに撮影を始めることができます。

「コンデジって写真のイメージだけど動画撮影もできるの?」と思うかもしれません。

最近のコンデジは4k画質やフルHDに対応している機種も登場しており、コンデジでも十分に動画を撮影することができるようになっています。動画のクオリティはデジタル一眼レフやミラーレスに劣るものの、コンパクトさとそれなりのクオリティが備わっています。

スマホカメラよりも高いクオリティで撮影したいけどコンパクトさは失いたくない、そんな方におすすめのカメラです。

アクションカメラ

アウトドアやスポーツなど、アクティブな動画をとりたいという方にはアクションカメラがおすすめです。

防水使用のカメラも多く、雨の日や泥はねしやすい場所・水中などでも快適に撮影することができます。

小型のカメラを身に付けておくだけで動画を撮影できるので、より自然に撮影ができるのも魅力的。

遠くを撮影するのには向いておらず汎用性は低いです。アクションカメラを購入する際は動画のコンセプトがしっかりと決まってからの方が良いでしょう。

アクションカメラの中で人気なのがGoProです。どのアクションカメラにしようか迷った際にはとりあえずGoProを試してみてください。

ドローン

他の動画とは一風変わった動画を作ってみたい、そんな方におすすめなのがドローンです。

ドローンは上空からの撮影ができるので、人が絶対に取れないような角度から被写体をとることができます。鳥の視点のようなダイナミックな映像は視聴者に驚きと感動を与えることができるでしょう。

デメリットは扱いが難しいことです。

場所によってはドローンが禁止されているので、事前に調べてから撮影を行う必要があります。

操作にも多少慣れが必要で、しっかりとした動画を撮影するためにはドローンの操作を練習しておかなくてはいけません。

カメラの選び方

ステップ1:作りたい動画からカメラの種類を選ぶ

カメラの種類を選ぶ際には作りたい動画から逆算して選ぶのが一般的です。

どんな動画を作るかによってそれに合ったカメラも変わります。まずは自分がどんな動画を作りたいかを考えてからカメラの種類を選んでみましょう。

数種類のカメラで悩む、という場合にはとりあえず安く済みそうなカメラから始めてみてください。

動画のクオリティが足りないな・・・と感じたらその都度カメラをアップグレードしていきましょう。

ステップ2:予算と相談してカメラを選ぶ

カメラの種類が決まったら次はカメラそのものを選んでいきます。

同じ種類のカメラでも値段によって性能は大きく変わります。予算と相談しながら自分が求める性能のカメラを選びましょう。

とはいっても、似たような値段で同じようなカメラが数多く発売されています。

どのカメラも違いがピンと来なくて決めきれない・・・

こんな場合はカメラをレンタルして実際に試してみるのがおすすめです。

決めきれないならレンタルがおすすめ

「色んなカメラがあって迷う」

「買ってみたいカメラがあるけど高いし失敗したくないな・・・」

このような方もいるのではないでしょうか。

管理人

カメラ選びで失敗したくないという方は、カメラをレンタルして実際に試してみるのがおすすめです。

欲しいカメラに目星が付いているなら「シェアカメ」

ある程度買いたいカメラに目星をつけているならカメラ機材を専門に取り扱っている「シェアカメ」がおすすめ。

いきなり買うのはちょっと戸惑うような価格のカメラでも2泊3日で数千円程でレンタルすることが可能です。カメラレンタル専門なのでメンテナンスの質が良く、サイトに丁寧なカメラの説明が掲載されているので1つのカメラをじっくり使うことができるでしょう。

往復の送料が無料になっているので、カメラをレンタルしたいけど費用を抑えたいという方にもおすすめです。

「カメラ診断機能」もあるので自分にピッタリなカメラを探すのに手間取っている方も一度見てみてはいかがでしょうか。

もっとたくさんのカメラを試したいなら「GooPass」

使ってみたいカメラがいっぱいあって選べない!いろんなレンズを試してみたい!

そんな方には、定額料金でいろんなカメラやレンズを借り換えし放題の「GooPass」がおすすめです。

色んなカメラを自由に試すことができるので動画の表現が固まっていない方が動画の方針を決めていく際にも便利ですね。

GooPassでは借りられる機材がランク分けされており、機材を借りるにはそのランク以上のプランに加入している必要があります。

ランクは1から9まで存在します。ランク1でも数万円するカメラがラインナップに入っているので、カメラに詳しくない方はランク1から始めてみるのが良いでしょう。

料金は月額制になっています。いつでも解約できるのでとりあえず1ヵ月お試し、ということも可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる